I.D.

楽曲情報

id_convert_20151211173243.jpeg
曲名 アーティスト名 BPM
I.D. Tatsh feat. 彩音 153

  Easy Standard Hard Master Unlimited
難易度 16 29 46 72 81
ノート数 80 162 287 494 597


解禁条件

初期から常駐


解説

作曲は、音ゲー界では様々な機種でお馴染みの、Tatshこと清水達也氏。
歌唱は『Red Rose Evangel』(太鼓の達人)や『STARLIGHT TWILIGHT -GC edit-』(groove coaster)、『Realize』(Cytus)などでTatsh氏とコンビを組む彩音氏。

アプリ版からの移植であり、ロケテストから収録されていた。MasterUnlimitedもRP稼ぎにもよく用いられる。
移植の際にEasyUnlimitedが追加された。

歌詞

答えが意味したもの
それぞれの軌跡で君がいるから僕の存在を知る

最後の笑顔が眸(まぶた)に刻まれ
それでも残酷な程 美しい蒼

僕のI.D.
過去より明日を夢見ることだけを見つめて
今を映し出せ
答えを導くそれぞれの想い
放てばいい 独りじゃない
僕がいるから…

僕のI.D.
未来を守るために今、この世界中に
夢を映し出せ
答えが意味したそれぞれの奇跡
灯せばいい 一人じゃない
僕がいるから…

譜面

  • Easy
  • Standard
  • Hard
フリックは少なく、分かりやすいタイミングで配置されている。ブゥーン
Aメロは一定リズムが続く。
Bメロ以降、速めの配置、16分3連続が3回登場する。
さいごの笑顔が」「まぶたに刻まれ」「今を映し出
落ち着いて順番を確認して、指を3本用意。流れるように押せるようにしたい。
サビは基本的に歌のリズム通りに配置されるが、時々簡易化したリズムで配置されている。高難易度から来た人は特に注意。
最後のホールドは右上。

  • Master
(Master譜面の解説は、CROSS×BEATS Wiki(赤wiki)に詳しい解説がありましたので、少々改変して転載させていただきました。)

    • クリアを目指すなら
1回目のサビのあとが難所となるが、2回目のサビ(ホールドが続く場所)から100ノーツ程度あるので、十分に回復が可能。
355ノーツ目ぐらいからの8分交互→ホールドを確実に取って、2回目のサビ直前の長めのフリックを何とか凌ごう。
この時点で残り100ノーツとなる。
ホールド地帯が終わると(1回目のサビでも出てきている)混フレが再び登場する。
基本的なリズムは|両--右|左-右-|両---|左-左-|となるが、最後の8分は同じ位置なので注意。
あとは平易な配置が続く。全体に通しても言えることだが、ラストは「上向きフリックの誤反応に注意」と「ホールドが片方離れるのは左」を頭に入れておくこと。
最後の16分は右から交互にかけのぼっていけばいい。あんみつしてもcool4個なのでミスする位ならあんみつした方がいいかもしれない。

    • フルコンを目指すなら
1回目のサビの後の間奏部分が肝。
リズムを表すと以下の通り。●が下の部分の16分(左が先)
●の部分を両手の親指で交互に叩いて拾えるようになると、その後の○の位置に手が移しやすくなる。
|○--○|--○-|-●●●|●●●-|
|○-○○|○-○○|-●●●|●●●-|
|○--○|--○-|-●●●|●●●-|
この後16分9連。左-右×3(斜め左下から上に)-左-右×3(斜め左下から上に)-フリック。
ここの右3つは精度を意識しない場合は指3本で取ってしまうとよいだろう。

この他にも、iOS版と比べて指の使い分けによって拾いやすくなる部分が多い。
サビの混フレでは、4つ打ちになっている軸を中指で拾うようにすると、軸側で合間に入ってくる8分連打を親指or人差し指で拾えるようになる。手の位置がほとんど動かなくなるので、Flawlessを維持しやすい。
1回目のサビに1度だけ入ってくるボーカル合わせの16分3連打や、間奏で上記の高密度地帯が終わった後の短い16分連打はそれぞれに合わせて指を3~4本使うとコンボが切れにくい。

  • フリックについて
16分13連のフリックがサビ前に2回登場する。いずれも途中で曲がるため安定してSuper以上で取るのは非常に難しい。
2回目は左右反転しており、1回目と逆の手で捌くことになる。
フリックの4個目が横向きであることと、拍の頭となる1個目・5個目・9個目が、それぞれ最初のフリック、横に向いた後の上に進むフリック、斜めに降りる最初のフリックであることを意識して、少しずつ光らせていこう。


  • Unlimited
初見は躓きやすい配置が多く、急に軸になったり連打が来たりと取りにくさが目立つ譜面に見える。
…が、基本的にはMasterに少し肉付けしただけのものであるため、一気に難化しているというわけではない。
Masterをフルコン出来たならば「Lv81の割には楽」と思える譜面であり、SURVIVALクリアも意外とすぐ……どころか初見でも可能ではないかと思われる。

ある意味一番のスコア難所であったフリックは分割され、「ID」と描く文字譜面になっている。
1画1拍と譜割りされたので分かりやすくはなったが、「I」を描いて上に移動、「D」の1画目の縦線を描いてまた上に移動…と手の移動は結構忙しく、こちらもSuper以上の判定で取るのは難しい。
「D」の2画目の曲線フリックは一番最後の左向きの横フリックが無反応になりやすい。このフリックノートのピンの先までしっかりとなぞること。

こちらのフルコンを目指す際に、最大のコンボカッターとなるのは最後のホールド+円形配置の16分連打かと思われる。
当然ホールドを薬指などで処理して左右交互に連打を捌くのが精度を維持するのに一番いい方法であるが、個人差によって無反応も起きやすいため、片手だけで気合いで処理するのも一つの手である。
片手で拾う場合、人差し指と中指を使ってパタパタさせながらタッチすると無反応が起きにくい。ただしある程度の量のCoolは覚悟すること。

動画一覧

  • 音源

  • 譜面
    • (Easy)
    • (Standard)
    • (Hard)
    • (Master) (FC)
(99% FC)



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-04-05 16:30:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード