QLWA(グルーヴコースター 3 リンクフィーバーより)

楽曲情報

QLWA.jpg
曲名 アーティスト名 BPM
QLWA(グルーヴコースター 3 リンクフィーバーより) t+pazolite 150-190

  Easy Standard Hard Master Unlimited
難易度 9 15 40 58 85
ノート数 91 148 276 486 747

解禁条件

  • 16/7/20より、グルーヴコースター3とのコラボ企画より追加。デフォルト曲。

解説

t+pazolite(トパゾライト)はレーベル「C.H.S.」代表であるコンポーザー。また、「HARDCORE TANO*C」にも所属している。
当初よりBPM180~200以上のハードコア・スピードコアなどを主な作風としている。
他社の音楽ゲームにも楽曲提供をしており、代表曲として
maimaiの「Garakuta Doll Play」「Oshama Scramble!」、CHUNITHMの「Contrapasso -inferno-」(maimaiには曲の展開が異なる「Contrapasso -paradiso-」が収録されている)、太鼓の達人の「!!!カオスタイム!!!」、グルーヴコースターの「Satisfiction」「OMAKENO Stroke」「Marry me, Nightmare」、SOUND VOLTEXの「Crack Traxxxx」(C-Showとの合作)、beatmania IIDXの「OTENAMI Hurricane」(SINOBUZで収録予定)といった高難易度曲を中心に書き下ろしている。
その観点で捉えると、この曲の前中盤部分は、音ゲー向けに書き下ろした氏の楽曲の中では最も遅い楽曲BPMであるといえる(一部曲のBPM半減地帯を除いて考慮した場合)。

曲名の読み方は「クルワ」。漢字に直すと「廓」「郭」などとなり、遊女屋が密集している場所(今でいう歓楽街のような場所)を意味するが、端的にそのような意図はないとのこと
ジャケットはグルコスと同一だが、コラボ移植にあたりグルコス3のロゴが左下に追加されている。
ちなみにジャケットの少女の名は「カルト」。
また、背景は上記ジャケット絵を主体にしたオリジナルムービーとなっている。

150BPMの部分は最初から後半に入る時のブレイクまでで、そこを過ぎた終盤のみ190BPMになる。スピード変更する余裕は微妙だが、40BPMの差は決して小さくはない。

譜面

  • Easy

  • Standard
裏拍の配置や付点のリズムがなかなかに多い譜面。リズムパターンを読みづらく、FastやFast2を踏みやすいが、密度はかなり抑えめ。
  • Hard
Standardで空白だった地帯が埋め立てられて難易度急上昇。
ドラム/ベースやピアノなどのバックトラックに合わせた箇所が多いことがわかるようになる。
Hard以下ではあまり見かけない同点の同時連打が中盤で一気に登場。それも含め局所難の傾向が強い。
  • Master
Hard以下とは打って変わって、リズムパターンがほぼ完全にグルコス側のHARD譜面(隠しノーツ含む)に準拠。ただし右・右上への5連続フリック(265~270コンボ)は手前側が1個だけ抜けている。特徴的だったバタフライスライはフリックで再現。
FC狙いに関しては6方向へのフリックの直前にある歯抜けの同位置ノーツ(175コンボ付近)、及びサビ中の裏拍子から同点4連打(237コンボ付近)、加速後の↑↓↑フリック(455コンボ)が要注意ポイントか。
連続フリックが随所に多く存在するため、100%の達成は困難な部類に入る。
  • Unlimited

動画一覧

  • 音源

  • 譜面
    • (Easy)
    • (Standard)
    • (Hard)
    • (Master)
    • (Unlimited)

  • 最終更新:2016-10-19 03:00:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード